サプリを販売する時の要素

サプリを販売するにあたっては、気をつけなければいけないことがあります。掟の上では、サプリは食事として販売されていますので、効果を明記することは認められていません。製品を販売する際の報告TVCMにも、サプリの効果や働きを記載することもできません。こうした限界がサプリの取り引きには因ることを、理解していない個々もいらっしゃる。特定の病魔に働きがあったり、施術ができるという記入の特徴をとることは、掟ではしてはいけないことなのです。薬事法では、サプリを販売する時には、施術や効能があるような掲示の施術はできません。サプリは食事の手助けとして販売するべきもので、薬は根本的に異なっています。厚生労働省が医薬品という食事の違いを明確にしているので、そちらに従ってマテリアルを混合する必要があります。サプリに薬を混ぜて販売したら効果や働きを記載しても良いように考えられますが、これも薬事法罪になってしまいます。食事は食事であり、医薬品待遇することは掟で禁じられていらっしゃる。サプリの仕分けは食事であって、薬ではありません。そのため、食事としての売りヒューマンや、食事としてのマテリアルがファクターとなります。お店で買う時も、戸別顔出しも、通販の時も、サプリを販売する場合には、これらの決まりを続ける必要があります。

コメントは受け付けていません。